業界

印鑑業界における太枠篆書体という書体は、普通の篆書体を用いた印鑑あたりよりも、印面周りの枠がワンサイズほど太くなったものなんですよね。

印面周りの枠がワンサイズほど太くなった分、印面に彫る文字そのものは、普通ありがちな篆書体の文字よりも少しだけ細い感じの仕上がりになっていることが多いのであります。

上記のように、太枠篆書体という書体は、普通ありがちな篆書体の文字よりも少しだけ細い感じの仕上がりになっていることが多いため、朱肉のカスが字の間に詰まりにくくなるとか、文字自体の雰囲気が柔らかく、軽やかな感じになるなどといったありがたいメリットがあったりします。

ところで、書体から話は変わりますが、いざあなたが印鑑を作成する際に、印鑑素材選びというものは、必ずや事前の段取りとして必要となっていきます。

そこで、ここの記事では、印鑑を作成する為の印鑑素材には一体どんな種類があるのだろうか?ということを、詳しく紹介していきたいと思っています。

日本国内で消費される印鑑素材として、最も代表選手的な素材といえば、やはり薩摩本柘を置いて他にはないでしょうね。

まあ、たぶんですが。。。

印鑑堺東駅

薩摩本柘は、柘という名のつく植物の中でもっとも高級品であると位置付けされているものなんです。

薩摩本柘という印鑑素材は、素材の繊維がやたらギッシリと詰まっているため、印鑑自体を長い期間にわたって使用したとしても印鑑の品質変化が少ないということが大きな特徴であるわけなんです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です